ナンパの台本の口コミ・感想

ナンパの台本を徹底検証します!

 

ナンパの台本

 

超が付くほどのナンパ初心者に向けた教材として
紹介されているナンパの台本。

 

40代のさえないおじさんでも実践することで
かなり年下の可愛い女の子を次々とゲットできてしまったという
連戦連勝のその驚異的な方法。

 

男なら誰もが気になるその内容。
徹底的に検証していきます!

気になる相沢蓮也・川端見生さんとは?

ナンパの台本の作者である相沢蓮也・川端見生さん。
名前だけ聞いてもどういった人なのかが全然わからないですよね。

 

いったどういった人なのかというと…

 

 

相沢蓮也

 

恋愛コンサルタントとして
ネットからリアルまで一通りの出会いについてを指導。

 

恋愛系のメールマガジンも発行するなど
恋愛に関することなら右に出るものなしという人物。

 

川端見生の師匠さんです。

 

 

 

川端見生

 

このナンパの台本の大元を作った人物なのですが
こういった教材を作るくらいですから
さぞ、恋愛経験豊富なイケメンなのかと想像していましたが
実際のところは40歳手前のさえないおじさんという見た目だそうです。

 

最初は川端さん自身もナンパがうまくいかずに
声をかけた女の子に「その顔で声をかけないで」と言われたほど。

 

ただ、そこでめげずにナンパを続けていくうちに
独自にデータを集め分析していくうちに
ナンパの声かけにおける成功の勝ちパターンを手に入れることができたそうです。

ナンパの台本のスゴイところ

ナンパの台本のスゴイところは
やはり、ナンパ成功のため段階が3ステップでできてしまうこと。

 

1.誠実系・中間系・ユーモア系のキャラクター別のナンパの台本と
 その会員制ネットワークへの参加する

 

2.街に出て台本の条件に当てはまる
 13種類のナンパが成功しやすい女性の中から好みの女性を探す

 

3.あなたのキャラクターに合わせたナンパの台本を実行して
 目を付けた女性を連れ出す

 

たったのこの3ステップだけでナンパが成功してしまうという教材なのです。

ナンパの台本の口コミ・感想をまとめました!1人目

スゴイと言われるほど気になってしまうのが本当なのかどうか?
そこで、ナンパの台本を実際に実践した方々の感想を紹介します。

 

 

K様 40代

 

今までたくさんのナンパ教材を読み漁ってきましたが
実際にはナンパが成功できずに悩んでいました。

 

書かれていること自体はなるほどと思えるものばかりで
逆にどうまとめていいのかがわからずに頭が混乱してしまうことも。

 

そんな時にこのナンパの台本に出会いました。

 

すると、それまでとは違い
具体的にどうしたらよいかが分かるので
混乱していた部分がスッキリしました。

 

おかげさまで、ナンパが成功しないという悩みから解放されました!

ナンパの台本の口コミ・感想をまとめました!2人目

U様 40代

 

ナンパには昔から興味があったのですが
自分で言うのもなんですが真面目でおとなしい性格のため
ナンパに踏み出す勇気がありませんでした。

 

いい大人が何をと思われるかもしれませんが
ナンパを諦めることができず、この教材でチャレンジしようと決めました。

 

結果は「スゴイ」の一言。

 

顔も年齢も関係なくナンパができてしまう
ということを実感することができました。

 

今では自分がおじさんでよかった思えてしまうほどです。
それくらい若い子のおじさん需要には驚かされました。

 

今までは見ることができなかった世界を知ることができ
この教材に出会えたことを本当に感謝しています。

ナンパの台本の口コミ・感想をまとめました!3人目

N様 40代

 

私は独身でこの年となってくると
なかなか出会いの場がなく悩んでいました。

 

そんな時にこの教材を知り、自分のような年齢でもできるとされていたので
ナンパの経験はなかったのですが購入させていただきました。

 

すぐに内容を確認したのですが、
しっかりと考えられた内容で場面場面で使い分けることができる
とても具体的な内容となっていて感心しました。

 

これなら本番でも迷わずいけると思えました。

 

ただ、私はかなり慎重なタイプなのでしっかりと内容を理解するために
かなり時間をかけてから本番に行ったので実践までは結構時間がかかりました。

 

それで、結果はというと20代の可愛らしいタイプの子と出会うことができました。

 

まだ、付き合うとかではないのが残念ですが
可能性はありそうなので、今まで出会いで悩んでいた私としては大きな一歩です。

 

新たな可能性を教えていただきありがとうございました。

 

 

>>> さらなる実践者の感想・教材詳細はこちら